COLUMN
コラム

ホームページ制作の相場はいくら?外注する際の注意点も解説

2021.4.23

ホームページ制作費用の相場は、制作するサイトの内容や構成によって決まります。そのため、製作を外注する前に、どのような内容・構成にしたいのか細かく決めておく必要があります。

この記事では、ホームページ制作を依頼する前にどんな項目をどの程度まで決めておくこと必要があるのか、項目ごとにどの程度の費用がかかるのか、そして、相場の目安についてまとめています。

ホームページ制作のおおまかな相場

ホームページ制作にはどの程度の金額がかかるのか、おおよその金額と仕上がりのイメージをまとめました。ページ数が多いとき、また、予約システムや決済システムなどの情報を表示する以外の機能が組み込まれているときは相場が高額になります。

ホームページ作成相場イメージ
~50万円・小規模サイト(10ページ以下)
・ランディングページのみ
50万円~100万円・中規模サイト(10~30ページ程度)
・予約システムがあるサイト
・メディアサイト
100万円~500万円・大規模サイト(30ページ以上)
・決済システムがあるサイト

~50万円

企業紹介や商品紹介だけであれば、高額な予算は不要です。問い合わせフォームのついたページを含めても、50万円以下の費用に抑えることができるでしょう。しかし、オリジナル写真を多く凝ったデザインや、複雑な動きのサイトの場合も費用が増えるため、10ページ以下でも50万円を超えることはあります。

50~100万円

予約システムのある美容院やクリニックならば、ホームページ制作費用の相場は50~100万円程度になります。予約システムがあるときはページ数は30ページ以下程度です。

100万円~500万円

決済システムがある場合は100万円を超えることが一般的です。また、ページ数が多いときや、新たに撮影する写真が多い場合も高額になりがちです。

ホームページ制作の作業の内訳とそれぞれの相場

ホームページの費用は制作に必要となる作業内容によって変動します。次は要素ごとの目安について見ていきましょう。

デザイン

今やスマホ対応は必須ではありますが、パソコンだけでなくスマホにも対応する場合には、デザイン料が高くなります。

しかし、表示するデバイスの数の倍数になるのではありません。例えばパソコン用のホームページが50万円ならば、パソコン・スマホの両方を依頼しても2倍の100万円にはなりません。業者によって差はありますが、1.5倍程度の70~80万円程度になるでしょう。

トップページ30,000~170,000円
ランディングページ70,000~200,000円
その他のページ10,000~75,000円(1ページあたり)
ロゴデザイン30,000~150,000円
バナーデザイン10,000~75,000円

コーディング

デザインとは異なり、コーディングは表示形式が増えると、費用もその分だけ増えます。パソコンだけでなくスマホにも対応する場合は、対応するスマホの種類(Android、iOS)が増えると、さらに費用が高くなります。

例えばトップページに20,000円かかるなら、Android、iOSの両方に対応する場合は40,000円程度かかることになります。最近ではノーコードと呼ばれるコーディングを必要としないアプリ開発も主流になりつつあります。ノーコードによる開発の場合はコーディングの工程を省くことができるため、できるだけ費用を抑えたい場合はノーコード開発も検討してみましょう。

トップページ20,000~35,000円
ランディングページ10,000~80,000円
その他のページ5,000~25,000円(1ページあたり)
問い合わせフォーム35,000~170,000円
javascript実装10,000~45,000円
CSS実装20,000~35,000円
SEO対策50,000円(コーディングに含まれていることがある)

管理・運用

管理・運用の費用は、通常は月単位で支払います。ホームページを運営している限り、毎月費用が発生します。

SEO対策業者による。月単位で支払う
Web広告出稿50,000円~
アクセス解析50,000円~ 月単位となることが多い
SNS運用SNSツールにつき50,000円~ 月単位で支払う

写真素材の準備

ホームページに掲載する写真等の素材を準備できる場合には撮影代は不要です。しかし、新たに撮影してもらう場合にはスタジオ代や撮影料がかかります。

すでに写真がある場合でも、解像度や形式がホームページに合わない場合は、新たに撮影を依頼しなくてはいけません。費用はモデルや撮影場所によって変わるため、事前に確認しておきましょう。

写真撮影1日30,000~80,000円ほど

ライテング

社内で文章を用意する場合は不要ですが、ホームページ制作の際に文章作成も含めると別途費用が発生します。なお、ライターのスキルによって費用は大きく異なります。

ライティング2,000文字あたり20,000~80,000円ほど

予約システムや決済システムの構築

ホームページ中にサービスの予約や決済を含む場合は、それぞれのシステムを導入する費用がかかります。既存の決済・予約システムを利用するのではなく、新たなシステムを開発してもらう場合は100,000円~の費用がかかります。また、多くの決済方法に対応するようにすると、費用も比例して高額になることがあります。

決済システム100,000円~
予約システム100,000円~

ホームページの種類別の相場

ホームページは構成やページ数などによって制作費用が決まります。具体例を挙げて、種類別の相場を紹介します。

ランディングページと問い合わせページのみ

ランディングページと問い合わせページのみの場合は、作製費用は低く抑えられます。文章や写真の量にもよりますが、100,000円を切ることもあるでしょう。しかし、決済システムを導入する場合は、カートページと決済ページが増える分高額になります。

・ランディングページ
・問い合わせページ

企業サイト(大規模)

トップページと問い合わせページ、その他のページを含めて80ページ程度の内容で1,500,000~5,000,000円ほどです。写真撮影が必要な場合は、さらに高額になります。

・トップページ
・業務内容を紹介するページ×20ページ程度
・各事業所の場所や特徴を紹介するページ×20ページ程度
・ニューリリースの商品・サービスを紹介するページ×20ページ程度
・他企業との関わりや社会貢献を紹介するページ×10ページ程度
・開発中の商品・サービスなどを紹介するページ×10ページ程度
・問い合わせページ

企業サイト(小規模)

トップページと問い合わせページ、その他のページを含めて10ページ程度の内容で400,000~600,000円ほどです。こちらも写真撮影が必要なときは、さらに高額になります。

・トップページ
・業務内容を紹介するページ×3ページ程度
・各事業所の場所や特徴を紹介するページ×2ページ程度
・ニューリリースの商品・サービスを紹介するページ×2ページ程度
・他企業との関わりや社会貢献を紹介するページ×2ページ程度
・開発中の商品・サービスなどを紹介するページ×1ページ程度
・問い合わせページ

美容院・飲食店

美容院や飲食店のホームページは、メニュー紹介と予約システムが必要です。そのためページ数は少なくとも、400,000円~800,000円と高額になります。こちらも、写真撮影が必要なときはさらに高額になります。

・トップページ
・メニュー紹介ページ×5ページ程度
・スタッフ紹介ページ×1ページ程度
・支店紹介ページ×1ページ程度
・お知らせページ
・予約ページ
・問い合わせページ

スクールやマッサージ店

スクールやマッサージ店のホームページも、予約システムが必要です。また、スタッフや支店の紹介ページが多いと500,000~1,500,000円と高額になります。スタッフの入れ替えごとにサイトに反映させる必要があるので、定期的に費用が発生します。

・トップページ
・メニュー紹介ページ
・スタッフ紹介ページ×5ページ程度
・支店紹介ページ×5ページ程度
・お知らせページ予約ページ
・問い合わせページ

ECサイト

ECサイトはカートページと決済ページが必要です。決済システムを新たに作成するとさらに高額になり、3,000,000円~ほどかかります。商品ごとの説明文や写真が多いとさらに高額になります。

・トップページ
・商品紹介ページ×30ページ程度
・カートページ×3ページ程度
・決済ページ×3ページ程度
・お知らせページ
・問い合わせページ

ポータルサイト

ポータルサイトは300,000~1,000,000円が目安です。読み物ページが充実すると1,000,000円を超えることもあります。

・トップページ
・検索機能
・内容紹介ページ×5ページ程度
・お知らせページ
・問い合わせページ

オウンドメディア(メディアサイト)

メディアサイトは300,000~1,000,000円が目安です。コンテンツが充実すると1,000,000円を超えることもあります。写真が多いとさらに高額になります。

・トップページ
・記事一覧ページ
・外部ライターに発注したコラム記事×20ページ程度
・メディア自身で取り組んだ特集記事×10ページ程度
・お知らせページ
・問い合わせページ

ホームページ制作以外の費用

ホームページ制作とは別に、メンテナンスや管理の費用も必要です。制作費用がかかるのは最初の1回限りですが、メンテナンスや管理は年単位あるいは月単位でかかります。

レンタルサーバー代

ホームページ用のサーバーを借りる費用は、月1,000~5,000円が相場です。年単位なら10,000円程度が相場になります。

ドメイン使用料

ドメイン使用料もかかります。サーバー会社のドメインを使用するという方法もありますが、自社ドメインを作成するとアドレスがシンプルになるのでおすすめです。通常はドメイン使用料は年単位で支払い、1,000~10,000円ほどが相場になります。

サイト管理費用

SEO対策やアクセス解析などが必要ならば別途依頼する必要があります。どの程度の管理を必要とするかにもよりますが、サイト改善やセキュリティ対策として、月に50,000~100,000円ほど見込んでおくと良いでしょう。

サイト運用費用

SNS運用やホームページの内容更新などの費用として、月に50,000円~かかります。ホームページの内容更新は月額ではなく都度で依頼することも可能です。作業にかかった時間や修正数によって費用が決まるので、依頼する際に料金体系を詳しくチェックしておきましょう。

ホームページ制作を依頼するときの注意点

どの業者に外注するかで、クオリティや結果、費用が大きく変わります。メンテナンスも同じ企業に依頼することが多いため、長く付き合うことを前提でしっかりと業者を見極めましょう。業者を選ぶ際に注意すべき点についていくつか紹介します。

コミュニケーションが取りやすいか

理想的なホームページを作るためにも、コミュニケーションの取りやすさは大切なポイントです。意見を押し付けるのではなく、依頼者の希望をくみ取り、より良い改善案を提案してくれる業者を選ぶようにしましょう。また、レスポンスの速さと丁寧さもチェックしてください。

得意とする分野であるか

ホームページ制作を請け負う業者にも、それぞれ得意分野があります。例えば美容院のサイトを作るなら、美容院を多く請け負った経験がある業者に依頼するようにしましょう。過去の事例を見せてもらうと参考になるので、ぜひ尋ねてみてください。

業者自体が作業を外注しているか

業者が作業を別の業者に外注していると、費用が割高になります。見極めるのは難しいですが、レスポンスの速さや全体的な費用感で外注しているのかどうか判断してください。

ホームページ制作費用を安くおさえるポイント

ホームページ制作費用を安くおさえるポイントを紹介します。ホームページ制作にかけることができる予算が限られている方はぜひご確認ください

搭載する機能を最低限に絞る

決済システムや予約システムをホームページに含める場合は、費用が高額になるので、機能は最低限に絞るようにしましょう。ただし、予約システムがないことでクライアントを逃すことにもなるので、費用対効果のバランスを考えることが大切です。

自社でメンテナンスできないか考える

制作費用は安いのにメンテナンスが高いという業者もあります。メンテナンス作業は自社でできないのか、一度検討してみましょう。SNS発信や情報修正程度なら、通常は業者に依頼しなくても自社対応が可能です。

複数の業者に見積もりを依頼する

一社だけに見積もりを取るのでは、相場を把握することはできません。同じ条件でいくつかの業者に見積もりを出し、料金を比較してみましょう。もちろん、料金だけでなくクオリティも注目してください。あわせて、コードを書く場合と比べて制作費用が抑えられる可能性が高いノーコードでの開発も検討してみるとよいでしょう。満足するクオリティであれば期待以上の費用対効果が得られるかもしれません。

ホームページの目的を具体的に決めてから依頼しよう

漠然と「ホームページを作って欲しい」と考えているだけでは、良いホームページを作ることは難しいものです。ホームページで何をしたいのか具体的に決めてから、業者に依頼するようにしましょう。また、大まかな構成も依頼前に決めておきましょう。